借金に悩んだらプロに相談【解決がスムーズ】

任意整理で減額手続き

貯金箱

弁護士の交渉力がカギ

任意整理は、債務者と債権者の双方合意のもと行う手続きです。債務者が、債権者に対して減額しろと言ってても債権者は必ずその主張に同意する義務はないのです。個人でも交渉は行えないことないのですが、金融業者も個人相手に素直に応じる業者は少なく、今まで通りの返済をお願いしますと突っぱねてくるのが大半です。そうなると、なかなか進展しないので借金問題は弁護士に相談をするのが一般的です。弁護士に借金相談をすると、各債権者に受任した旨を通知し督促を止め、履歴開示請求を行います。お取引開始からこれまでの取引を利息制限法以下の金利に引き直して本来支払うべき借金額を割り出します。債権者が複数社あると、個人では1社1社交渉するのに労力を使いますが、弁護士に相談をすることで1社1社粘り強く交渉します。ただし、債権者が任意整理に応じるということは将来の利息もカットされ借金も減額されるので自社の利益も少なくなるということなのです。債権者としては応じづらいのですが、だからといって要求を拒否してしまうと、自己破産されてしまったら今度は1円も回収できなくなるので、自己破産をされるくらいなら減額をして回収した方がよいのです。ただ、主張した返済金額がそのまま通るケースもあるのですが、債権者と弁護士がどの辺で折り合いをつけるか、そこは弁護士の交渉力にかかってきます。そのため、弁護士に相談をしたほうが任意整理もスムーズに手続きが進みます。

Copyright© 2018 借金に悩んだらプロに相談【解決がスムーズ】 All Rights Reserved.