借金に悩んだらプロに相談【解決がスムーズ】

返済が難しくなった場合は

男性と女性

専門家に依頼し解決

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング等の返済が厳しくなった場合ですが、収入の目途があれば支払いを少し待ってもらえることもできますが、それでも返済が追い付けない状況であると別の手段を検討せざる負えなくなります。その方法として、任意整理があります。任意整理とは、債務者と債権者との間で返済計画や利息の支払いの交渉を行い、借金を減額して和解内容に従い返済をしていく手続きです。ブラックリストに載ってしまうデメリットもありますが、そのまま誰にも相談せずにいつ終わるか分からない借金をずっと支払っていくよりは、完済予定時期も和解で決めますので早期に生活再建をすることができます。具体的には、借入の取引開始から遡り利息制限法の上限金利である15%〜20%で金利を再計算し既に支払っていた利息超過分を現在抱えている借金に充当し減額、残った残金の利息はカットし将来金利もかからないようにして原則3年以内に毎月無理のない金額で返済をしていきます。任意整理であれば、弁護士に相談せずに個人でも交渉はできます。ただし、個人レベルで交渉を行っても要求に応じてくれない、債権者側の有利な和解内容になってしまうことも多く、弁護士や司法書士に相談して任意整理をするのが良いです。弁護士や司法書士に相談をしたほうがいい理由は、代わりに交渉をしてくれるだけでなく借金返済の督促や取り立ての電話などを止めることができる効果もあります。

Copyright© 2018 借金に悩んだらプロに相談【解決がスムーズ】 All Rights Reserved.